アニメ  |  特撮  |  バンダイチャンネル  |  無料アニメ  |  作品一覧  

OCNアニメ・特撮公式ブログ|話題のアニメ、アニメニュース満載のアニメブログ

« すべてが見どころ! 『天装戦隊ゴセイジャー エピックon Theムービー』製作発表会見 | メイン | 『イヴの時間 劇場版』ファン感謝ラストイベント&博多初日舞台挨拶レポート »

2010/06/01

エターナルはめちゃくちゃ強いです!『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』製作発表会見

続きまして『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』の製作発表の模様をお送りします。今回の映画の時間軸とししては、テレビのクライマックスの直前5、6話(43、44話)のあたりに入るストーリーとなるそうです。

W01

Q:映画公開にあたり一言お願いします。

桐山連さん(左翔太郎/仮面ライダーW役):初めて台本を読んだ時に思ったのは、今回の話の軸はフィリップだなと。普段のドラマの翔太郎とフィリップの関係が逆で、普段翔太郎が表だとしたらフィリップが裏。今回の映画は、フィリップが表だとしたら翔太郎が裏。
仮面ライダージョーカーという仮面ライダーが登場するんですけど、翔太郎が物語の裏を支える重要なキーパーソンになっているなと思い、そんな裏を支えるヒーローとして、支えていければなという思いで撮影に臨みました。
坂本監督の映画ということもあり、アクションとかもものすごいことになっていて、ワイヤーアクションだったりとか、生身でのアクションも多く、非常に映画館で観るにふさわしい映画になっていると思います。楽しみに待っていてもらいたいと思います。

菅田将暉さん(フィリップ/仮面ライダーW役):今回フィリップの成長物語ということで、ほんとに初めてじゃないけどすごい主演というような責任を感じました。いままで17年生きてきて培ってきたものすべてを出さないと乗り越えられない壁のようなものがありまして、ほんとにたくさん泣いた作品でした。それだけ自分的にもすごい力を入れた作品になりました。
坂本監督を初め、スタッフさんがすごく暖かくて、おもしろくて、その現場の仲の良さがすごい愛情にあふれてる作品だなって思いました。
ところどころで手に汗握り、親子で感動できればと、そんな作品を目指してがんばってきました。

W02

山本ひかるさん(鳴海亜樹子役):今回はいつもと違った亜樹子を出すということで、私が演じた鳴海亜樹子が、木ノ本嶺浩くんが演じる照井竜に恋をするというシーンがありまして、ほんとに乙女な感じでラブラブみたいな感じなんで……瑛太さんと木村カエラさんには負けません!
風都のラブラブカップルになりたいと思うので、ぜひ応援してください。

木ノ本嶺浩さん(照井竜/仮面ライダーアクセル役):前作の劇場版で少しだけ出演させていただいたんですが、今回の映画が本格的な映画デビューになるので、自分がずっと小さな頃から憧れていた特撮ヒーローとして出られる、そして映画デビューを飾れるということをとてもうれしく、とても幸せに感じています。
僕が演じている照井竜という人物は、風都という街を忌み嫌って登場したのですが、鳴海探偵事務所の面々と触れ合い、風都の人たちと触れ合い、成長していく過程で、この映画で訪れた風都の危機にどう対応していくのか、どう対処するのか、どう共に戦っていくのか、なんていうことを楽しみに期待して観ていただければと思います。
映画全体のストーリーとして、一つの街を愛する気持ち、そして家族とは何か、子どもだけでなく、大人の方が観ても感動できてそして、楽しんでいただけるすばらしい作品になっています。
さっきひかるちゃんが言ったように、照井竜と鳴海亜樹子の恋愛模様というのも少し楽しみな部分なんで、カップルで観てもお楽しみいただけると思います。
少し長くなりましたが、ほんとに劇場に足を運んで観る価値のある作品になっています。ぜひご期待ください。

W03

松岡充さん(大道克己/仮面ライダーエターナル役):とにかく歴史のある仮面ライダーシリーズということで、いちばん最初お話しをいただいたときは、すぐに返事をさせていただいて、やらせてくださいということをお伝えしました。
特に男の子というか男性にとっては、仮面ライダーというのはすごく魅力がありますし、実際僕は敵役最凶の仮面ライダーなんですが、その仮面ライダーに変身できるということを実感したときに、まじめに生きてれば夢というのは叶うものだなと、ほんとにしみじみ思いました。
現場はほんとに仮面ライダーのことが大好きな、今も少年の目を持った大人たちが一生懸命作ってるだけあって、ほんとに熱い現場ですし、だからこそすばらしい作品ができあがったんじゃないかなと思ってます。
ストーリーのことをすべて言うことはできないんですが、少しだけ付け加えるとするならば、僕が演じさせていただきました大道克己、仮面ライダーエターナルはめちゃくちゃ強いです。これだけちょっとぜひ伝えたかったです。

杉本彩さん(マリア・S・クランベリー役):今回この仮面ライダーに出演させていただきましてほんとに驚いたことは、こんなにも仮面ライダーが進化していて、こんなにもスタイリッシュなものになっていたということに非常にびっくりしました。少し編集したものを拝見したんですけれど、ほんとにかっこいいというのが率直な感想でした。
そして今回ストーリーが非常に深くてですね、親子の愛を描いたりとか、科学の進歩や医学の進歩によって生命そのものをコントロールできる時代なので、生命というものをどう扱っていくべきなのかと、そこまで生命に対してしっかりと見つめた視点で描かれているという深いストーリーになっています。
この夏、ぜひぜひ親子で観ていただいて価値のある映画だと思います。

W04

須藤元気さん(泉京水/ルナ・ドーパント役):泉京水、実はオカマちゃんで、私自身、オカマに対するポテンシャルの高さ、びっくりしております。おすぎさんびっくりするはずです。
とにかくガイアメモリが私の股間に刺さり、パンドラの箱が開いてしまいました。このパンドラの箱をドル箱にするから、しっかり取り上げてちょーだい!(オカマ調)

坂本浩一監督:この映画の魅力はすでにみなさんが言ってくださいましたが、いちばんの魅力はバイクアクションですかね。従来の仮面ライダーの専用マシン、そのバイクを使った大きなアクションシーンがあります。いままで日本ではなかった大きな仕掛けもやってますので、そのへんを期待しておいてください。

W05

Q:今回3D映画ということで杉本さん自身のセクシーさ、フェロモンを出すシーンなどあればお聞かせください。

杉本さん:今回3Dを初体験させていただきまして、現場でもメガネをかけて観たんですけど、さらに迫力が出てまして大満足でございます。最初、この映画をやらせていただくにあたって監督から言われたことは「子どもの映画だと思って遠慮しないでほしい」と。
ですので、監督のおっしゃるとおり全開でやらせていただいてますので、きっとお父様も喜んでいただけるのではないかと。
3Dなのでかなり枠にとどまってない感じでした。非常に楽しみにしていただければと思います。

Q:杉本さんと菅田さん、特別な雰囲気のシーンを演じられたと思うんですけども共演された感想を教えてください。

菅田さん:正直困りました(笑)

杉本さん:おびえながら私に接してたフィリップがとってもかわいくて、食べてしまいたいぐらいでした。
前半はわからないんですけどそういったところにフィリップが翻弄されていくわけなんですけれども、非常に、本当におびえているフィリップの姿を中の私も楽しんでいる、普段の自分の母性がわき出てきた、そんな感じもございました。

W06

Q:須藤さん、松岡さんにお聞きしますが、仮面ライダーに出演すると聞いたときの思いをお聞かせください。

須藤さん:僕が初めて芝居をやった映画で、なぜか仮面ライダーが出てくるんですよ。一瞬なんですがそういうシーンがありまして、そこからまた自分が仮面ライダーに出るというので、何か運命的なものを感じました。この仮面ライダーWによって自分自身役者としてもっとがんばっていきたいなと思いました。

松岡さん:さっきもちらっと言わせてもらったのですが、いやぁとにかくびっくりしましたね。テレビシリーズが始まったのが1971年だと思うので、僕が生まれた年だと思うんです。なので仮面ライダーとともに育ってきた世代としては、実際僕が仮面ライダーに変身できるなんてことはないだろうと頭のどこかでは思いながら生きてるわけで、その中で、今年39歳になるんですけど、この年で仮面ライダーのお話しをいただいたときに、“オレすげえなぁ”と思いました。小学校のときのオレに言ってやりたい。お前そのまんま育っていけよと。このまま行けば、バンドもできるし、仮面ライダーもできるぞと。
すっごくうれしかったです。
これを観る子どもたちにも仮面ライダーになりたいという思いがあればそれは秘めてたほうがいいと思います。
仮面ライダーのオーディションにもし受からなかったとしても、格闘家になり、バンドマンになり、そこから仮面ライダーにいきつくということもあるってことです。いろんな道があるよと。キャパシティ広いよ、仮面ライダー(笑)

W07

●『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』
永遠という名の悪魔!さらば、仮面ライダーW!?

爽やかな風が吹く街・風都で頻発する、“ガイアメモリ”を悪用した事件。メモリの力でドーパントとなった犯罪者たちから風都の人々を守ってきたのは“二人で一人の探偵”こと左翔太郎とフィリップが変身する仮面ライダーW、そして風都署の刑事・照井竜が変身する仮面ライダーアクセルだ。

この夏、風都を震撼させる大事件が勃発する。街にばらまかれた、AからZまでの26個の次世代ガイアメモリ。しかしらその中で“E”=エターナルのメモリだけは、凶悪なテロリスト集団「NEVER」の隊長・大道克己がいち早く手に入れていた。「NEVER」の目的は風都を占領し、支配すること。翔太郎たちは、国際特務調査機関員・マリアの協力を得て、街の危機を救うべく、行動を開始した。美しきマリアに、自分の母の面影を重ねるフィリップ--。

そして始まった、残る25個のメモリの争奪戦。だがWの前に、大道克己が変身した最凶の仮面ライダーエターナルが立ち塞がる。エターナルのメモリに秘められた、恐るべき能力。ついに訪れる、仮面ライダーW最期の日!? 巨大な陰謀が渦巻く中、次々と明かされていく衝撃の事実。みんなの祈りを胸に、熱い友情の絆を武器に--Wよ、今こそ大旋風を巻き起こせ!

この発表会の模様は、後日東映特撮BBにて動画配信される予定です。

『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』
『天装戦隊ゴセイジャー エピックon Theムービー』

8月7日(土)ロードショー

劇場版「W・ゴセイジャー」製作委員会 (C)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2010 テレビ朝日・東映AG・東映

関連ニュース:
→すべてが見どころ! 『天装戦隊ゴセイジャー エピックon Theムービー』製作発表会見
→最凶のテロリスト・仮面ライダーエターナル登場! 劇場版仮面ライダーW&ゴセイジャー製作発表会速報
→『仮面ライダーW』スピンオフネットムービー、今年も製作決定!
→劇場版仮面ライダーW&ゴセイジャー、3D上映も決定! 8月7日公開!!

→OCNアニメ・特撮に特撮専門ページが誕生!

超・電王トリロジー公開間近!TVシリーズから超・電王まで、『仮面ライダー電王』徹底ガイド!
Banner_100512

Net_netriderw_2→『ネット版 仮面ライダーダブル FOREVER AtoZで爆笑26連発』を観る
→『風都presents 仮面ライダーダブル スペシャルイベント』を観る
→『劇場版仮面ライダーW』オリジナルメイキングを観る
「W」ネットムービーパートナーズ (C)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


トップページへ戻る
→OCNアニメ・特撮
→OCNアニメ ニュース
→twitterでサマリ配信中

トラックバック

※トラックバック内のリンクは外部サイトでありOCNアニメ・特撮とは関係ありません。

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/170934/21638714

※記事内容に無関係のトラックバックは削除されることがあります。あらかじめご了承ください。

この記事へのトラックバック一覧です エターナルはめちゃくちゃ強いです!『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』製作発表会見:

コメント

※コメント内のリンクは外部サイトでありOCNアニメ・特撮とは関係ありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

最近のトラックバック

※トラックバック内のリンクは外部サイトでありOCNアニメ・特撮とは関係ありません。

OCN Blogzine ブログ人
『OCNアニメ・特撮公式ブログ OCNアニメニュース』はOCNのブログサービス「Blogzine(ブログ人)」で運営しています。BlogzineはOCN会員の方も、会員でない方もご利用いただけ、どなたでも簡単に日記型ホームページが作れます。
あなたもブログを始めてみませんか?
OCN会員の方(無料〜)
OCN会員でない方
そもそもブログ人てなに?

このサイトと連携する (RSS 1.0)